会社設立の費用


会社設立の準備として書類などの準備がありますがそれだけなく費用も必要となってきます。何かと費用が掛かってきますからそのあたりも準備しておく必要があります。

会社設立に必要となる費用の基本となってくるのが定款認証費用、登記免許税となります。定款認証費用は会社の定款を認証してもらうための費用となり、公証人役場に支払うことになりますが、その内容としては収入印紙代として4万円、定款認証手数料として5万円となります。他に謄本手数料として1枚250円が必要となります。謄本手数料は必要となる謄本の枚数分となりますからそれぞれで違ったものとなってきます。

登録免許税は法務局に支払う費用となり必要となる費用はそれぞれの会社によって違ったものとなってきます。というのも登録免許税は出資金の1000分の7となり株式会社の場合には最低額が15万円となります。他にも会社の印鑑や代表者印、役員や出資者の印鑑証明書代といったものが必要となってきます。

定款の認定に関しては電子認証と紙で行う認証があり、電子認証を利用すれば紙での認証で必要となる4万円の収入印紙代が必要なくなりますからこの辺りも検討してみる必要がありますが、この辺りはそれぞれの都合などもありますからきちんとメリットなどを検討して決めるようにしましょう。