会社設立までの流れ


会社設立の際にはいくつもの書類が必要となりますし、手続きなどもいくつもありますからその都度何を行えばよいのか困ってしまことのないように事前にどのような流れで手続きを行いどのような書類が必要となってくるのかを理解しておきましょう。

まず知っておきたいのが会社設立では二つの方法があるということになります。家族であったり友人など仲間で集まって出資金を出し合い設立する発起設立と一般の人から出資金を募って設立する募集設立があります。どちらの方法がよいということはなくその時の事情などによって違った選択となり、設立の方法によって手続きにも違いがでてくる場面もありますが基本的には発起設立で考えることが多くなります。

実際の会社設立までの流れとしては会社の概要を決定し会社の印鑑の作成、定款の作成を行い定款の認証を行います。次に出資金の払込を行い登記書類などの書類を作成します。最後に登記申請を行って会社設立となりますからこの流れに沿ってどのようなことを準備しておくことが必要となります。

会社設立を行う場合には手続きなどだけでなく事業を始めるための準備も必要となりますからその両方を同時に行うことも少なくありません。少しでもスムーズに進めるためには実際に動き出す前にある程度準備をしておくことが大切なことになってきます。